育毛剤の成分には色々ある

プロペシアは男性型の脱毛症の進行を抑える

プロペシアは男性型脱毛症の進行を抑えるAGAという男性型脱毛症の方が飲む、飲む育毛剤というものがいくつかあります。一つは、プロペシアという男性型脱毛症の進行を抑えるものです。一般名ではフィナステリドと呼ばれており、もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたもので、薬の副作用によって発毛が見られたことから、発毛剤としての用途になりました。

既に米食医療局では飲む育毛剤として認められています。男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンがα-リダクターゼという酵素によってジヒドロステロンというホルモンに変化してしまい、毛母細胞の働きを抑えてしまいます。プロペシアの薬用成分であるフィナステリドはこういったホルモンの変化を防ぎ、脱毛を防ぐことにつながります。

日本では2005年12月14日にプロペシアが発売されています。購入に至っては医師の診断、そして処方が必要となります。プロペシアは医療用医薬品なので安心して服用することができます。

治療費は保険対象にはなっていないので、全額自己負担となっています。

ジェネリックタイプは比較的安価

ジェネリックタイプは比較的安価二つ目は、フィンペシアというフィナステリドを1mg含むプロペシアのジェネリック医薬品となっています。プロペシアと成分や効果は殆ど同じですが正規品ではなく、開発元は異なり会社が作っているものです。そのため価格は安価となっています。

プロペシアが正規品なのに対し、フィンペシアはジェネリック医薬品なのでそれでもいいという方はこちらのフィンペシアを服用することが多いようです。

こちらのフィンペシアも飲む育毛剤で、男性型脱毛症の方が服用するものとなっています。頭頂部および生え際の薄毛に効果的といわれていますが、効果は正規品のプロペシアに比べ少し劣っています。しかし、効果を実感している人も多くいるため一概には言えません。

フィンペシアには副作用があり、その一つが性機能に関連するものです。性欲減退、精子減少、勃起不全といったものがありますが、こういった問題は軽微です。服用を中止することでこれらの症状はなくなります。

もうひとつが発がん性のことで、フィンペシアの着色料に含まれるモノリンイエローが原因となっています。こういった原因材料があるため、長期服用は認められていません。このモノリンイエローが入っていないものもあるので、そちらを服用するといいでしょう。

フィナステリドには副作用有り

フィナステリドには副作用有り三つ目はフィナステリドで、フィナステリドには副作用があります。肝機能障害、過敏症、乳房肥大、抑うつ症状、性機能関連で、そのうち肝機能障害は薬の服用を中断することで改善されます。性機能に関しても、若い方はこういった症状はあまり見られず、高齢者の方には性欲減退などが見られますが、こちらも薬の服用を中止することでこういった症状はなくなります。

フィナステリドはがんの発生を減らす効果があると言われており、その反面発生してしまうと悪性度が高くなってしまうという問題点があります。これは5mgを服用した場合の研究で解っており、1mgでは研究されていないためわかりません。フィナステリドは、細くなってきた髪を太くする効果が見られ、つむじ周辺の頭頂部に効果的といわれています。

最後の四つ目は、ミノキシジルでもともとは血圧降下剤として作られたもので、副作用で発毛が見られ発見されました。ミノキシジルは米国で開発されたもので、日本では大正製薬から1%を含有する外用発毛剤「リアップ」として発売されています。副作用では全身の多毛症といった症状が見られたことから、発毛剤として使われるようになったようです。

ミノキシジルとフィナステリドの併用をすることで大きな効果が期待できます。フィナステリドは脱毛を引き起こす成分を体内で阻害するといった効果があり、脱毛防止につながります。それに加え、ミノキシジルは発毛因子を刺激し、発毛を促す効果があります。

この二つの成分は併用することで、長所と短所を補うことから、効果が大きいと言われています。ミノキシジルは医薬品なので、服用するには医師の診察、処方が必要となります。

これらの薬は男性型脱毛症に用いられるもので、女性の場合にはまた別の薬になります。性別に応じて薬の種類は異なるようです。

副作用のリスクを極力抑える

15副作用のリスクを極力抑えながら発毛したいものですよね。服用するタイプは、どうしても副作用が出るようです。服用しないタイプ、つまり、発毛したい部分だけに塗布するタイプであれば、比較的副作用は抑えられるということです。

ただし、副作用を抑える分、どうしても効果の面から考えると、ゆっくりになってしまうのは致し方のない所です。

塗布するタイプの副作用として考えられるのは、「痒み」が考えられます。塗布することで、その部分の血行を促進する働きを持つものが多いのですが、血行を促進することで、痒みが生まれたり、元々肌に合わなくて痒みが出てくる可能性があります。

もしそういった現象が起こった場合には、すぐに使用を中止しましょう。そして、専門家の受診を受けることをおススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ