カロヤンガッシュは毛髪効果が認められている!?

カラヤンガッシュ『カロヤンガッシュ』は頭皮・毛根の血行を促進させる作用を高めた、発毛効果が認められている第3類医薬品です。

有効成分がたっぷり配合されているので、育毛効果が高まると言われています。カロヤンガッシュはCMも流されている為、それなりに知名度のある育毛剤となっています。販売しているのは薬局等の店頭だけではなく、ネット通販でも販売しているので、お店で直接買うのは恥ずかしいという方はネットで購入することをお勧めします。

頭皮を傷つけない様にノズル部分が柔らかいシリコンゴムになったので、使用感が優しくなりました。頭皮にとんとんとノズルの先端部分を当てながら塗ることによって、マッサージ効果も期待出来るでしょう。

カロヤンガッシュに配合されている成分は、『カルプロニウム塩化物和物』『ジフェンヒドラミン塩酸塩』『ヒノキチオール』『メントール』『カシュウ』『パントテニールエチルエーテル』『チクセツニンジン』『トコフェロール酢酸エステル』等になります。

『カルプロニウム塩化物水和物』

カルプロニウム塩化物水和物は頭皮や毛根の血管を拡張して血流を増加させるので、発毛を促進させてくれる働きをします。血流量が増えることによって酵素・栄養分が毛根の部分に送って与えられるので、育毛効果が期待出来ます。

『ジフェンヒドラミン塩酸塩』

ジフェンヒドラミンは抗炎症、鎮痛剤に分類される抗ヒスタミン剤で、痒みの原因を抑えてくれる働きがあります。

『ヒノキチオール』

ヒノキチオールは“台湾ヒノキ油”“青森産ヒバ油(ウエスタンレッドセダー油)”等の中に存在で、頭皮を殺菌する作用があります。頭皮の雑菌繁殖をブロックしてフケや痒みを抑えてくれます。

『/-メントール』

独特の香りを持っており、頭皮に清涼感を与えて軽く皮膚を麻痺させる働きがあるのです。殺菌や防腐作用がありますから、痒みを防止します。

『カシュウ』

カシュウはタデ科の植物で、ツルドクダミの根を乾燥させたものです。毛根(皮脂腺)の余分な脂を抑え、毛穴の詰まりを防止してくれます。毛穴の詰まりを防止することで育毛剤がより浸透しやすくなるとされています。

『パントテニールエチルエーテル』

パントテン酸の誘導体なので、皮膚から吸収されやすくなっています。体内ではパントテン酸となり、毛母細胞の活性化作用、抗炎症作用があると言われています。皮膚が傷ついた際に特に必要となるのはパントテン酸ですから、皮膚のビタミン剤として幅広く使用されています。

『チクセツニンジン』

チクセツニンジンはウコギ科の植物で日本産地のトチバニンジンの根茎を乾燥させたものです。毛乳頭細胞を刺激することで毛母細胞を活性化します。チクセツニンジンは育毛剤にではなく、元々は『解熱』『滋養強壮人参』『去痰』『健医薬』の代用として使われていました。

『トコフェロール 酢酸エステル』

天然型ビタミンEで抗酸化作用があり、活性酵素を取り除きます。
血行を促進させて血管を拡張する働きをしますから、頭皮や毛根の血行を改善してくれます。

カロヤンガッシュのより効果的な使用方法

1日に朝と夕方の2回気になる部分につけて、軽くマッサージを行ってください。より効果を発揮する為には、カロヤンガッシュをつける前に頭皮を必ず洗髪・しっかり乾燥させて清潔な状態にしてから、頭髪にすりこみましょう。つけ残しがないのを確認してから最後に優しくマッサージをします。これを毎日継続することがポイントです。

ワンタッチ計量ノズルとなっている為、つける量がよくわからないという方でも適切な量を使えます。また、育毛剤を使いすぎたりこぼしてしまったりというトラブルも防げるので安心と言えるでしょう。

カロヤンガッシュはこういう方にお勧め

『前の育毛剤では効果が期待出来なかった』

『どの育毛剤が良いのかわからない』

『減ってしまったボリュームを取り戻したい』

・カロヤンガッシュのメリット

『頭皮に優しく、使いやすい』

『無香料なのでニオイがきつくない』

・カロヤンガッシュのデメリット

『医薬品なので副作用のリスクがある』

カロヤンガッシュは効果が期待できるといっても医薬品なので、副作用のリスクがあります。カロヤンガッシュに限らず、医薬品の育毛剤は大抵副作用のリスクがあるとされていますから、もしも使用する時は副作用を覚悟し、何か症状があった場合はすぐに使用を中断して医師に相談しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ