リバイボゲンは直接塗布するタイプの育毛剤

『リバイボゲン』は『プロペシア』みたいに錠剤タイプの内服薬とは違う直接脱毛している部分に塗るタイプの外用液で、米国のアドバンスドスキン・アンド・ヘアー社から販売されている育毛剤です。

抜け毛をリバイボゲンが配合している有効成分によって抑えてくれるので、太くて健康な毛髪を育てる効果が期待できると良い評判が広まっています。
使用されているのは天然成分100%ですから、安心して使えると言えるでしょう。“リノール酸”“ソウパルメットエキス”“ブドウエキス”等を主体にしてオール・ナチュラル成分に作っており、使用した際に副作用のリスクが低いと言われています。

他には“変性アルコール”“リノレン酸”“オレイン酸”“ラウリン酸”“シトステロール”“カフェイン”“リン酸”“ピリドキサール”“トコフェロール”“硫酸亜鉛”“メントール”“EDTA”“香料”が含まれています。

『ブドウエキス』は消炎効果・血行を促進させる働きがあります。毛包組織の成長を活性化させます。

『リノール酸』が不足してしまうと薄毛が進行してしまうので、脱毛を防ぐ為に大切な成分です。

その天然成分は“ジヒドロテストステロン”の生成を抑制出来るとされているので、より高い効果が期待出来ます。
そもそも、“ジヒドロテストステロン”は男性ホルモン『テストステロン』と頭部の毛乳頭に含まれてる『5α-リダクターゼ』という酵素が結合することで生まれます。
細胞の受容体にその物質がくっつくことで、脱毛になる症状を起こしやすいとされています。

しかし、そんな悪いジヒドロテストステロンを生成させない為に抑制する有効な成分がリバイボゲンに含まれていますから、脱毛から頭皮を守り、髪を育成させる効果があると期待されています。
リバイボゲンは脱毛・薄毛を予防する心強い育毛剤で、1年以上リピーターが続出していて、愛用者が増えています。
世界47ヶ国で広く受け入れられており、売上本数は3億と驚きの実績を持つ育毛剤です。

元々アメリカで誕生した育毛剤ですから当初は日本で購入する事は出来ませんでしたが、海外で人気となった為日本でも販売されるようになりました。リバイボゲンはアメリカの皮膚科医が開発し、テレビやラジオ等でも進めれた程です。

ノズルが長くなっている仕様なので有効成分を頭皮までしっかり届けられますから、より頭皮に浸透しやすくなっています。

・高い効果を発揮する為の使い方

リバイボゲンの使用回数は基本的に1日2回ですが、臭いがきついので朝に使用してしまうと、臭いがきつい為育毛剤を使っていることに気づかれるかもしれません。
ですから、まずは夜1回だけ継続して使用することをお勧めします。寝る前にお風呂に入ってシャンプーで軽く頭皮をマッサージしながらしっかり洗髪し、清潔にしてから髪をきちんと乾かして気になる箇所へリバイボゲンをつけて寝ましょう。
次の日目が覚めたらお湯で髪を軽く洗い流し、それで臭いを落として効果も期待することが出来ます。
後日休みで誰とも会わない場合は朝つけても大丈夫でしょう。

・リバイボゲンはこういう方にお勧め

『今迄使用してきた育毛剤で効果を得られなかった』

『抜け毛や薄毛で悩んでいる』

『遺伝だからと諦めてしまった』

『副作用が怖くて育毛剤が使えない』

『日本製の育毛剤では中々効果を感じなかった』

・リバイボゲンのメリット

『女性も使える』
男性だけでなく女性も使えるので、夫婦で使うところもあるようです。

『天然成分で出来ている』
天然成分と安全に作られていますから、副作用の心配はあまりないですし、肌が弱いという方でも使いやすくなっています。

『全額返金保証付き』
リバイボゲンは全額返金保証がついているので、試しに買ってみたいけど、もし自分には効果がなかったら…と購入するのを戸惑っている人でも安心して購入に踏み込めるでしょう。
ただし、返金受付可能なのは商品到着後60日以内ですから、返金してほしい場合は期限が過ぎないうちに連絡してください。

・リバイボゲンのデメリット

『炎症が起こる場合がある』
個人差はありますが、使用者の中で頭皮に炎症が起きたり、肌に合わないというトラブルもあるようなので、もしも使用した際に何か症状があった際はすぐに使用を中止し、病院で診てもらいましょう。

『臭いがキツイ』
育毛剤の臭いが日本と比較してみるとかなり強いとされていますので、ニオイがきついのは苦手な方は避けた方がいいと言えます。

『返品する際は送料負担しないといけない』
商品到着後60日以内であれば全額返金可能ですが、返品する際の送料はこちらが負担しなければならないので、それはデメリットと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ