レパオスカルプエッセンスは薬用育毛剤ケモアを改良した商品

『レパオスカルプエッセンス』は以前『薬用育毛剤ケモア』として販売されていましたが、現在改良して新たに高性能化されて販売している育毛剤です。

そんな『薬用育毛剤ケモア』を更に改良し、高性能化されたのが『レパオスカルプエッセンス』となります。
育毛成分の改善を行ったり、新たに成分を加え、使用感の改良などが施されたので、使用者の満足度が更に上がったと言えます。

レパオスカルプエッセンスはバージョンアップした際に男性向けの“007”女性向けの“008”と種類が増えましたから、これで男女どちらの場合でもお求めやすくなっています。

レパオスカルプエッセンスの特徴

『頭皮に酸素・栄養を与える育毛剤』

レパオスカルプエッセンスを使用すれば、育毛する為に必要な成分・栄養を補給できるので、荒れてしまった髪の環境を整えて改善していきます。

『楽天ランキングで第1位を獲得した程の売れ行き』

改良する以前の『ケモア』の時でもランキングへ入ったことがあります。ケモアは“総合”“美容コスメ”“ヘアケア部門”“育毛剤部門”“その他部門”以上の部門でランキングを獲得しているので、多くの方に効果が発揮されたと言えます。更に改良したレパオスカルプは更に効果が期待出来るでしょう。

『リピート率が高い』

バージョンアップする前のケモアの時でリピート率が50%を超えており、この頃から既に優秀と言える育毛剤です。ケモアが改良され、高性能化し『レパオスカルプ』になってもリピート率は良いままなので、優秀な育毛剤というのも変わらないままと言えます。ケモアからバージョンアップされていますから、更に高い効果を期待出来るでしょう。

『レパオスカルプエッセンス』は『ケモア』の時に男女でも使えるように男女兼用で作られていましたが、男性と女性は基本的に有効成分や脱毛成分が異なりますから、男性用、女性用と分けられました。

男性用、女性用に分けることで、より効果を期待出来るような育毛剤へ変わりました。効果が出るのに個人差はありますが、早い方では3ヶ月前後で効果を実感されている方が多いとされています。

他の育毛剤との違いは?

日本で初めて“レパゲルマニウム”を配合したレパオスカルプエッセンスは、弱酸性・天然成分配合された“酸素”を注目して作られています。

頭皮に“酸素”と“栄養”を十分に与えなければいけない為、『EPC(ビタミンE・C複合体)』『パントテニルエチルエーテル』『ヒノキチオール』『ニコチン酸アミド』等の有効成分が含まれているのです。

酸素が欠けてしまうと、十分な栄養が頭皮に行き渡りません。栄養が不十分になれば傷んでしまった髪は回復せず、枯れてしまった状態の髪が生えてきてしまうのでその枯れた髪は抜け落ち、再び新しい髪が生えることはありません。

ですから、このような事態を避ける為には“酸素”が必須です。頭皮に必要な成分を与えることで、必要な酸素・栄養を頭皮に与えられますから、荒れた頭皮を殺菌し、血行を促進させ、保湿を促すことが出来ます。

レパオスカルプエッセンスを使用する時に注意する事

頭皮にボトルの入口を直接当て、軽く叩いて頭皮に液体をしっかり塗ります。局部的に液体が残らないようにムラなく全体に塗りましょう。

レパオスカルプエッセンスはこういう方にお勧め

効果を期待しやすいと言われているので、今までの育毛剤では自分に合わなかった、効果を得られなかったという方にお勧めと言えます。

優しい成分で出来ている為、皮膚が弱くてどの育毛剤を使えばいいのかわからないという方にもぴったりの育毛剤です。

レパオスカルプエッセンスのメリット

『定期購入すると値引きしてもらえる』

初回は20%引き、2回目以降は10%引きでお得に買えますし、送料も無料になります。

『頭皮に優しい成分で出来ている』

レパオスカルプエッセンスになってから、頭皮と髪に優しい成分で配合しています。“合成香料”“パラベン”“合成着色料”“紫外線吸収剤”“シリコン”“石油界面活性剤”“鉱物油”が無添加となっている為、敏感肌・肌がデリケートで前の育毛剤では肌が荒れてしまって不安という方でも安心して使う事が可能です。

消臭効果がある“茶エキス”が配合されていますから、頭皮の汗臭、加齢臭を防ぐ効果も出来るとされています。

『全額返金保証付き』

全額返金保証が付いているので、自分には合わなかった、効果が得られなかったという時、使用途中でも返品可能で全額返金してもらえますから、不安がらずに気軽に購入出来ます。返金保証は期間がありますので、返品可能の期間をよく見ておきましょう。

レパオスカルプエッセンスのデメリット

『返金保証期間が短い』

返金保証期間が基本的に10日と短めにされている為、ゆっくり効果を試すことが出来ないことがデメリットと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ