発毛剤の成分「キャピキシル」の正体

キャピキシルは発毛剤に含まれる成分

話題となっているキャピキシルの原料は「植物エキス」や「成長因子」を調合した約二種類の成分で構成されたもので出来ています。キャピキシルはアカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3を混合した成分の総称の事をいいます。
アカツメクサ花エキスにはイソフラボンが多く含まれていますから、身体に害はないと言えるでしょう。キャピキシルは直接毛包に働きかけますから、活性力を高める効果を発揮し、毛包の固定力が上がります。

こういう方にお勧め

キャピキシルは世界でもトップクラスに入る程の高い配合濃度を実現した育毛剤で、ミノキシジルの3倍程発毛効果があると言われていますから、自分が使っているいつもの育毛剤では中々効果が表れないと不安の方にぴったりと言えるでしょう。脱毛を抑えつつ育毛効果を発揮するので、効果が表れるまでの脱毛が心配という方でも安心です。
しかし、キャピキシルなら何でも良いというわけではありません。中には偽物がある為、口コミや商品説明等をよくチェックしてから購入しましょう。

キャピキシルのメリット

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」や「アセチルテトラペプチド-3」の成分ですから、副作用の心配はないと言われています。
男性型脱毛症(略してAGAと言います)で脱毛し、薄毛になってきている場合にかなり効果的とされている為、薄毛の原因が男性型脱毛症であればより高い効果が期待されます。

キャピキシルのデメリット

薄毛の原因が男性型脱毛症であれば高い効果が期待出来るキャピキシルですが、薄毛になった原因が1型5aリダクターゼの場合キャピキシルでは育毛効果はないと言われています。もう1つのデメリットは病院で処方してもらうと、診療代も合わせて出費が毎月1万円前後かかってしまい、継続していく事が難しくなるという事です。

キャピキシルが含まれている商品

キャピキシルが含まれているシャンプーは、

「スカルプDディグニティプレミアムシャンプー」ノコギリヤシが含まれているシャンプー。ノコギリヤシは男性型脱毛症を引き起こす原因とされる酵素の5aリダクターゼを抑えると言われています。値段が一本1万円以上する為、継続するのは難しいかもしれません。

「haru黒髪スカルプ・プロ」リンス不要のノンシリコンシャンプー。女性向けとされていますが、男性が使っても問題はないと言われています。

「イージュ ブリスフルスキャルプ&ボディーシャンプーアロマ」頭皮だけでなく、体も洗う事が可能なので、1本で済ませたいという方にぴったりとされています。

続いてはキャピキシルが含まれている育毛剤について。

「エクセレンスVFGナノ」成長因子を“ナノ化”させた育毛剤で、キャピキシルの他に毛母細胞を活性化させる銅ぺプチド等を配合しています。

「モンゴ流スカルプスカルプエッセンスdeeper3D」キャピキシルの他に含まれている成分は「モンゴロイド」「成長因子」で、栄養・潤いを頭皮へたっぷりと与えてくれる人気の育毛剤となっています。柑橘系の香りですから、柑橘系の香りが好きな方にもおすすめです。

「シープラスエッセンス」キャピキシルの原料をメインに含まれています。使用方法は、シャンプーする時もしくは育毛剤を使う時に加えて使用するものとなっています。

「THE SCALP5.0C(ザ・スカルプ)」こちらの育毛剤にキャピキシルが含まれているのは5%程で、キャピキシルの他には“成長因子”“フルボ酸”が含まれています。無香料なので、育毛剤の匂いが苦手な方でも大丈夫です。

「カミヒア」11%程の多くのキャピキシルが含まれているので、5%程のキャピキシルが含まれている育毛剤ではいまいち効果を実感出来なかったという方にぴったりと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ